ヨガインストラクター吉田友子のヨガライフをつづったブログ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Love, love, LOVE Rosie! | main | 2016年12月17日(土)《年末じっくりヨガ&忘年会》のご報告 >>
ヨガ雑誌「Yogini」vol.55

 

特集「あの先生をもっと知りたい!」Yogini vol.55

 

 

「ヨガのバトンをつなぐ系譜」(p.021)では、図らずも木村慧心先生とスワミ・チダナンダジ挟まれていて、汗汗汗。わたくし残念ながらスワミ・チダナンダジには直接お会いした経験はなく、この矢印は友永淳子先生に結んでいただくのが正しいのではと思っています。いずれにせよ、友永淳子先生の中に生きておられるチダナンダジには何度もお会いさせていただいてますが、、、汗汗汗。

 

 

「新しいヨガと出会う!」(p.047)

 

 

アンケートに応えさせていただいてます(p.049)


 

「ヨガ塾」(p.105)では、『オリジナルのスタイルを持つ先生達』というくくりでインタビューしていただきました。

 

正直この取材のお話をいただいた際、自分が引き受けてよいのか戸惑ってしまいました。

 

私にとって「師」は「人の心に火を灯す存在」で、ここでは書ききれないくらいたくさんの師の存在を感じていて、自分にはオリジナルなんてひとつもないなあと。師がいてこその今があります。いつも心に火を灯してくださる師の存在、めぐりあわせに感謝です。

 

 

「いい先生の条件とは何ですか?」(p.114)私の師をイメージして答えました。私もいつの日か誰かにとってそんな存在であれたらいいな。「真の師は弟子を師ではなく弟子自身に向き合わせる」というヨガナンダの言葉を思い出します。私自身に向き合わせてくれる存在、そんな師の存在をいつも内側に感じられることにただただ感謝です。

 

 

そして、「年末年始こそ、Let's Yoga!!」(p.128)ヴィンヤサフェスの告知も載せていただいてます。2017年1月7日(土)14時より、新年初ヨガしましょ。お申込はコチラ!

 

皆さんにとっての師についても、今度お会いした際にぜひ聞かせてくださいね。

COMMENT









Trackback URL
http://elephant-yoga.jugem.jp/trackback/658
TRACKBACK