ヨガインストラクター吉田友子のヨガライフをつづったブログ
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< CLASKA「青空ヨガの会」のお誘い | main | 雑誌『anan』No.2021「カラダにいいもの大賞2016」 >>
雑誌『山と渓谷』10月号「ヨガトレ」連載vol.12《最終回》

IMG_2743.jpg

 

『山と渓谷』10月号、絶賛発売中〜。ヨガトレ連載とうとう最終回です。


IMG_2744.jpg

 

最終回のヨガトレは、「長時間の山歩きに疲れたときのためのヨガトレ」です。今回は「屍のポーズ」。ただ寝るポーズとあなどるなかれ(笑)体を横たえ、良いポジションが決まったら、そのまま10〜15分は体をいっさい動かさない。頭のてっぺんから足の先まで、とにかく全身隅々の緊張こわばりを解いて緩ませていく。リラックスしているつもりでも、例えば奥歯を噛み締めていたり、意外と力が抜けていないことに気づくかもしれません。そして、グーグーと眠りに落ちるでもなく、ごちゃごちゃと頭の中で考え事をするでもなく、軽くまどろんでいるような、意識は保っている状態です。この10-15分は、睡眠3時間にも匹敵すると言われるほどの回復効果があるので、普段の生活でも1日一回はオススメです。シャバーサナ中は体をいっさい動かさない、ただただ委ねるというのが効果を実感するコツ。初めのうちは、良いポジションが定まらずリラックスできなかったり、疲れていて眠りに落ちてしまうこともあるかもしれませんが、その日その時の自分の体と正直に向き合って練習を重ねていくと、コレか!という極上のシャバーサナが味わえる日がくるかもしれません。

 

ヨガトレ連載はこれにて最終回。ご愛読してくださった皆さまありがとうございました。今号もぜひ書店で手にとってご覧いただけたら嬉しいです。

 

ポーズモデルとして声をかけてくれた監修の新関あや先生をはじめ、山と渓谷社さん、カメラマンの山田薫さん、本当にありがとうございました。亡くなった祖父の愛読雑誌「山と渓谷」に登場させていただき、心から嬉しかったです。ご縁に感謝。

 

『山と渓谷』9月号「ヨガトレ」連載 vol.11 

『山と渓谷』8月号「ヨガトレ」連載 vol.10 

『山と渓谷』7月号「ヨガトレ」連載 vol.9 

『山と渓谷』6月号「ヨガトレ」連載 vol.8 

『山と渓谷』5月号「ヨガトレ」連載 vol.7

『山と渓谷』3・4月号「ヨガトレ」連載 vol.5・6

『山と渓谷』1・2月号「ヨガトレ」連載 vol.3・4

『山と渓谷』12月号「ヨガトレ」連載 vol.2

『山と渓谷』11月号「ヨガトレ」連載 vol.1

『山と渓谷』「ヨガトレ」連載に向けて

COMMENT









Trackback URL
http://elephant-yoga.jugem.jp/trackback/641
TRACKBACK